【軽費老人ホームC型:ケアハウス】入居条件に違いは?←重要です!

ケアハウス

↓介護、税金、老人ホームなどのご相談はこちら↓

介護は早めの相談が吉! 「介護の相談」のカンタン!操作方法 ⇒「介護の相談」公式サイトはこちら ここでは「相続の問...

ケアハウスの種類

軽費老人ホームには3つのタイプがあり、A型(食事つき)、B型(食事なし)とC型と呼ばれるものが「ケアハウス」になります。

ケアハウスは他のA型B型と同様に社会福祉法人、地方自治体が運営している施設です。
ケアハウスの場合は民間業者が参入している場合もあります。

また他のタイプの軽費老人ホームと違い「介護(特定施設)型」が用意されているのが特徴です。

介護型であれば要介護状態の方でも入居が可能です。
他のタイプと同様に「一般(自立)型」もありますが、一般的な軽費老人ホームであると介護が必要になった場合場合には介護付有料老人ホームなどに移らないといけませんが、C型の軽費老人ホームの介護型の場合は住み続けることが可能になります。

入居するための条件

軽費老人ホームC型:ケアハウスに入居するための条件は、原則として60歳以上の高齢者、もしくはご夫婦のいずれかが60歳以上で共同生活ができる方です。

この点は通常の軽費老人ホームと同じになります。

軽費老人ホームA型B型とは

軽費老人ホームC型:ケアハウスのメリットとデメリット

軽費老人ホームC型:ケアハウスでは、やはり周りにお世話をしてくれる方がいらっしゃらない場合に入居できるというような少し寂しい気もする条件があります。

遠方にお子様などが住んでいるため、など家族の環境によって様々な理由があると思いますが、ケアハウスは共同生活の場になるので、新しくその環境で友人作りなどができると良いなぁ、という希望があります。

比較的自立支援型が目立つ軽費老人ホームではありますが介護型も用意されているので、この点では安心できると思います。

軽費老人ホームC型:ケアハウスのメリット

・月額の利用料が安い。
・介護型の場合には介護が必要であっても、要介護度が上がっても入居し続けられる。

軽費老人ホームなので月額の利用料が安い点はメリットとして大きいですね。
また通常の軽費老人ホームで一番不安な点が、いつ介護が必要になるかわからない高齢者に対しての対応です。
この点、「介護型」を利用することで不安がなくなりますね。

軽費老人ホームC型:ケアハウスのデメリット

・介護型の場合は初期費用がかかる。
・提供されるサービスなどが施設によって違う。
・一般型では介護サービスや医療関連の対応が部分的。

軽費老人ホームのメリットである月額利用料が安い点に合わせて「介護型」では初期費用が結構かかってしまいます。
ただこの点は初期費用は一度支払うものですので、不安要素を払拭する意味でも前向きに検討されることをおすめします。

軽費老人ホームC型:ケアハウスの費用

軽費老人ホームC型:ケアハウスの入居するための費用として、通常の軽費老人ホームではからなかった「初期費用」が必要になってきます。

一般型の場合には初期費用30万円程度の「保証金」が必要となり、月額の利用料は7万円から13万円程度になります。

介護型の場合には初期費用数十万円から数百万円の入居一時金が必要となり、月額の利用料は16万円から20万円程度が必要となります。

一般型では通常の軽費老人ホームと同様に初期費用などの保証金がかからない施設もあります。

介護型の初期費用が高額になる場合があるので、複数の施設を比較検討してください。

軽費老人ホームC型:ケアハウスを選ぶポイント

■まずは当サイトで簡単にでも費老人ホームC型:ケアハウスの基礎知識を身につけてください。
・どこにどのような費老人ホームC型:ケアハウスがあるのかを知る。
・資料請求ができれば比較検討できるように複数取り寄せる。

■見学する際のチェックポイント
・費用:支払方法、初期費用、月額費用、別途請求料金(食事、光熱費など)の内容。
・衣類などのクリーニングの流れ(自宅で行うか、業者か)。
・居住空間の確認。
・スタッフを含めたホーム全体の雰囲気。
・トイレ、浴場、共有空間の衛生面。
・病院、歯科医院との連携。
・レクリエーションなどの種類、内容。
・どのくらいの自立支援があるのか。
・どの程度の介護レベルで退所しないといけないか。

軽費老人ホームのC型(ケアハウス)を選ぶ場合に、特に介護型を選ぶ時は通常の介護付有料老人ホームなども並行して探してみてください。

実際介護が必要な場合にサポートを求めている時というのは、時期的なタイミングも必要だと思います。

また介護型だけを探していた場合に他の介護付有料老人ホームとあまり大差ない場合もあるかもしれませんので
この点についても複数の施設を比較検討することが重要となります。

↓介護、税金、老人ホームなどのご相談はこちら↓

介護は早めの相談が吉! 「介護の相談」のカンタン!操作方法 ⇒「介護の相談」公式サイトはこちら ここでは「相続の問...