フレピュア|成分(原材料)に副作用はあるのか?!安心調査結果

フレピュア副作用

⇒「フレピュア(FREPURE)」公式サイトはこちら

フレピュアの原材料、成分には自然派由来のものが多く使われているため、副作用の心配は少ないでしょう。

またフレピュアは「医薬品」ではなく「健康食品」のジャンルなので、効果の方も「徐々に徐々に」というもの。

安全に利用できるアイテムですが、根拠がないと安心できないという方のために、ここでは原材料、成分、その効果からみた「副作用」の有無など調査結果をお知らせ。

お申込み前の不安材料を払拭するためにお役立ていただければと思います。


↓「フレピュア(口臭サプリ」の記事で一番読まれています↓
フレピュア(FREPURE) フレピュア:初回500円+返金保証+継続ルールなし? あの“武田久美子”さんも愛用してい...

フレピュアの全原材料

名称
ポリグルタミン酸含有加工食品

原材料名
マルトース、還元麦芽糖水飴、デキストリン、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、シャンピニオンエキス末、ナタマメ茶末、レモン果汁末(大豆を含む)、コーヒー生豆抽出物、ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)、/ソルビトール、香料、ポリグルタミン酸(大豆由来)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、酸味料(クエン酸)、甘味料(スクラロース)

栄養成分表示
1粒(1g)あたり
エネルギー:3.96kcal
タンパク質:0.016g
脂質:0.017g
炭水化物:0.936g
食塩相当量:0.0071g

内容量
30g (一粒の総重量1g×30粒)

アレルギーをお持ちの方や、現在服用されているお薬との「飲み合わせ」が気になる方は上記の原材料を医師、薬剤師に確認を取ると安心です。

フレピュアの成分でわかる期待できる有用性

・なた豆
⇒歯磨き粉にも多く採用されている「なた豆」。
口臭改善に有用とされているのはその「スッキリ実感」にあります。
口の中のネバネバやタバコによるヤニの気持ち悪さを除去してくれるので、口臭改善に直結するスッキリ成分です。

・ポリグルタミン酸
⇒納豆のネバネバに含まれているポリグルタミン酸は口の中の潤いをサポートする成分。
納豆と聞くと「ニオイ」を想像してしまうかもしれませんが、口の中の潤いは唾液によってもたらされるもの。
現代人の「ドライマウス」軽減に一役買う頼もしい成分です。

・シャンピニオンエキス
⇒体の中の善玉菌との相性が良いシャンピニオン。
実は動物病院や介護の現場といった「ニオイ問題」に真剣に向き合っている場所で採用されている成分。
筆者の猫の排泄物のニオイ軽減に処方されたのもシャンピニオンエキスでした。

・デオアタック
⇒コーヒー抽出物であるデオアタックは高砂香料工業株式会社が開発した成分。
実はその「ニオイ吸着率」は口臭のはるか上をいく強烈な悪臭を除去できるという優れもの。

・有胞子性乳酸菌
⇒生きて腸まで届く!というのは乳酸菌系の商品のCMでも聞き覚えがあるかもしれません。
ただフレピュアに配合されている乳酸菌は「有胞子性」。
そのためしっかりと守られた乳酸菌が腸内で活躍してくれるというわけなんです。

・ビフィズス菌
⇒実は乳酸菌だけでは腸内で有用となる「酢酸」を作り出せません。
ビフィズス菌は乳酸菌サポートだけではなく、相乗効果的に体の中の環境を整えてくれる成分です。

・オリゴ糖(※無料特典プレゼント:いきいきオリゴ)
⇒フレピュアの定期購入の際に無料特典プレゼントとしてもらえる「いきいきオリゴ」。
体の中に老廃物がたまっていると悪臭を放つ悪玉菌が増えやすいというもの。
オリゴ糖のおかげで体の中からスッキリ実感を目標にできます。

まとめ:フレピュアの原材料と成分の有用性がわかった!

ここまで、フレピュアの原材料と成分の有用性についてお知らせしてきました。

大きな目的として「口臭改善」がありますが、その前段階としてアレルギーや薬との飲みあわせの不安点がある場合には、今回の記事がお役立ていただけると思います。

またフレピュアの「初回限定500円」のキャンペーンは好評のため、早期終了の恐れがあります。

まずは現在も大幅割引で申し込みできるかどうか、公式サイトのチェックからはじめてみてください。

⇒「フレピュア(FREPURE)」公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする